you the world

自分の好きなことを書いていく、毒にも薬にもならないブログです。

筋トレが収入アップにつながる3つの理由を考えてみました

 みんな、筋トレしている? (唐突)

 

僕は、一時期していたんですけど、最近はめっきりやらなくなってもうお腹ブヨブヨ
ORZ


 そんなことは、どうでもいいんですけど、最近「お金持ちはみんな筋トレをしている」っていう声を聞きますけどなんでだろうって思いませんか?

これは僕なりの考察なのですが、やればやった分だけ結果がでるもので結果がたせなければ起業してお金を稼ぐなんて夢のまた夢だからなんだと思います。

 今回は少し三段腹予備軍の僕が筋トレについてお話をしていきたいと思います。

 

 



1 そもそも筋トレとは?

 筋トレは、皆さんご存知の通り、自分の肉体に負荷をかけて筋繊維を破壊し、より強い筋肉を作っていく作業です。

 筋トレには様々な方法がありますが、基本的に負荷を与えて強い筋肉を作り上げるという行為に変わりはありません。

 そして筋肉とは筋繊維が破壊されれば修復されある程度は強いものになります。

つまり、何が言いたいのかというとやればやった分だけそのまま結果になるということです。

 人生において、やればやった分だけ結果が出るものなんてそんなにありません。死ぬほど努力をしても失敗するし、全然努力をしていなくても才能や運があれば成功してしまうなんてこともあります。

 しかし筋トレは違います。どれだけ代謝のいい人や筋肉のつきやすい人間でもやらなければ筋繊維は破壊されず筋肉は強くなりません。

 だからこそ、やればやった分だけ成長できるようなもので成功できない人がどうして他のことで成功できるのだろうかという訳です。

 そして、筋トレで理想の体を手に入れることで、やれば叶う、望むものが手に入るということを心で理解したからこそ、他のことにも精力的に取り組めるんだと考えられます。

 そして、その成功体験と継続できる力がビジネスなどで活かされ収入アップにつながるのではないでしょうか。

 

 

2 自ずと無駄が減ってくる 

 次に収入アップにつながる理由として考えられることは、筋トレをすれば無駄遣いが減ってくるということです。

 なぜなら、筋トレは人によってはお金がかかるかもしれないですが、それでも自分の鍛えた肉体の維持のために、余計な誘惑を避けるようになるからです。

 例えば僕なんかは毎日のようについつい行なってしまうのですが、コンビニでの揚げ物の購入や名前に負けて清涼飲料水を購入してしまうということです。

 目先の快楽に負けて買ってしまうのですが、当然体にも悪いですしお金も財布から消えていきます。

 しかし、筋トレで体を鍛えていれば、自分の体型を崩したくないので、そのようなものに手をつけずらくなります。

 誰だって努力して手に入れた苦労の結晶を易々と手放したくないですよね。その他、飲み会や、不摂生による肉体の疲労を癒すためのマッサージなど余計な出費の減少に繋がっていきます。

 それが、本当に好きなものなら鍛えていようが食べたり飲んでもいいかもしれないですが、ただ筋トレをして体型を維持することを意識することにより、惰性でやっていた悪い習慣を取り除くことができます。

 当然惰性により生じていた出費がなくなればそのお金を筋トレや金融資産の購入や自己投資に当てることができるようになります。

 

3 負荷に強くなる

 筋トレとは自分の体に物理的な負荷を加える行為です。当然苦しいです。それでもその苦しみを超えた先の結果を掴むために日々負荷をかけるわけですから負荷をかけられるということに対して強くなっていきます。

 社会に出る、ましてや独立をしようものなら、休みの間もないくらいの長時間労働や自己研鑽をし続けるなどの肉体的負荷。それに加えて資金繰りや、取引先に色々と文句や注文を付けられる精神的負荷が、体にのしかかってきます。

 そんな負荷も普段負荷を受けていない僕のような温室育ち野郎が受けたら3秒で潰れます。

 しかし、筋トレを通じて「苦しみを乗り越えた先に結果がある」と意識的に理解している人であれば、その負荷も辛く苦しいだけのものではなく、今後の大きな展望に必要なことだと受け入れることができます。

 なので、結果的にビジネスでの辛い下積み時代を乗り越えて、収入アップに繋がっていくのではないでしょうか。


あくまで僕の想像です

 とまあ、なんで筋トレをすると収入が上がるのかというのを理屈っぽく考えてみたらこんな感じの記事ができました。

 流石に健康診断で要注意の文字が出てくると流石にまずいので僕も運動をしなくては_:(´ཀ`」 ∠):

 とりあえず、定期的に泳いで行こうかな〜と思います。それとタイトル通りに筋トレをして収入を上げなくては。

 

 そんなところで今日は失礼します。

 

以上で〜す。