you the world

自分の好きなことを書いていく、毒にも薬にもならないブログ

【日雇い体験談】 単発アルバイトでの飲食店がオススメな3つの理由 

 こんにちは、最近は更新が滞っている次第です_:(´ཀ`」 ∠):

 書きたいんですけど中々、筆(キーボード)が進まなくて更新できずにいました。しかし、最近のグーグルアドセンスがようやくコンビニ弁当一つ分くらいの収益になってきましたので、もうひと頑張りしていきたいと思います。

 今現在、ダラが読んでいるかは全く分からないですが

 さて、今回紹介するのは、久々の日雇いでの体験談です。今回は数ある仕事の中でも飲食店での単発アルバイトです。

 飲食というと、ブラック、重労働で嫌なイメージしかないですが、スポットだとそういう印象が少し少なくなります。むしろ飲食業のことを少し見つめなおせる機械になります。

 

 

 

 

飲食店での日雇いのいいところ

 1 時給がいい

 これは、どの単発アルバイトでも言える話ですが、普通にアルバイトで勤務をするよりも時給が高く設定されています。

 僕の地元だと、普通にアルバイトをするよりも200〜300円程度高い時給に設定されているので非常に魅力的です。

 おまけに余った食材やご飯、まかないやおにぎりを作ってもらえたりするのも一人暮らしの人なんかにもありがたい特典付きです。

 これは行った派遣先にもよるんですけどね(´;ω;`)


2 客層がそれなりにお金がある人

 これは、住んでいる地域によっても若干の違いがありますが、単発アルバイトの派遣先になる飲食店は価格の安いチェーン店は稀です。

 大抵の場合は、大手企業の飲食店でも価格帯の高いお店や、ゴルフ場に併設されているゴルフ場のお客様用のレストランなどでアルバイトがメインになります。

 基本的にランチでも2000円以上のお店や、ゴルフをやりに宿泊付きで利用する人達が使うお店なので、基本的にお金をある程度持っている人達が多いです。

 そのため、ネット上で聞くような、コンビニや居酒屋でのあまりにも理不尽なクレームはまずないです。

 それなりにお金を持っている人達ですので、マナーもいいですので特に理不尽で面倒なトラブルに巻き込まれることが少ないです。

 ただ、気をつけなければならないのはある程度の身分や資産を持っている人達ですので、人によっては細かい所作や態度を気にする人達もいますので、気を引き締めて業務に臨む必要はあります。

 

3 プロ?の接客が見られる

 基本的に単発のアルバイトで行くお店はあまり大衆的なお店は少ないです。そのため、それなりのステータスを持った人達を相手にする以上、社員や長期で働いているバイトの社員は動きや姿勢が他の飲食店の店員と比べ、大きく異なります。

 お客さんに話を振られた時の対応や、とっさの機転など、学ぶべき点は多いです。自分も新卒をすぐ辞めた後に働いたので、今後の参考になることが多かったです。

 そして何よりもそのような洗練された動きで働いている人達を見ていると飲食業も「かっこいい人に誇れる仕事」なんだなって思うことができます。

 よく人によっては飲食業での接客を「誰でもできる仕事」だの「底辺」だの言う方がいますが、そう言う考えがなくなっていきます。

 自分の飲食業への考え方も少し変わりますので、もしかしたらこれから新卒で就職活動を始めようと考えている人にもオススメかもしれません。

 

ここは注意! 飲食店での単発アルバイト

 とまあ、このように飲食店での単発アルバイトも多くの魅力がありますが、当然デメリットや注意点もあります。

 なので、少し紹介をしていきます。

 

1 場所が遠かったり、山の中まで行く必要がある

 基本的に飲食店での単発アルバイトは、観光地や山の中のゴルフ場、旅館がメインです。そのため、どうしても街中に住んでいると例え地方に住んでいる人間であれ、車での移動を強いられます。

 当然、日雇いである以上交通費が支給されるのは稀で、ガソリン代はまず自腹です。そのため単に行くだけでは実質の賃金は少なくなってしまいます。

 そのような事態を回避する方法はいくつかあります。一つは飲食店での日雇いは昼か夜か3〜5時間働くことになるので、他に空いた時間にもう一つ行けそうな単発アルバイトを入れると言う方法です。

 確かに、きついかもしれませんが、働く時間が増えるのと、場所が近いと言うこともあればガソリン代を実質的に浮かせることができます。

 もう一つは自分の県の都会的な場所に用事を定めると言う方法です。
僕の場合は、栃木県在住のため、宇都宮が一番の都会です。正直無印良品は宇都宮以南にしかないため、行くのにも一苦労です。

 そのため、無印良品に買い物に行くついでに単発のアルバイトを入れたりもしました。「バイトの後に買い物かよ」と思うかもしれませんが、道中についでの用事がなければ割の良さはかなり小さくなります。


 これが地方あるあるなのかもしれないですけどね!

 

2 業務の内容が理解できないとかなり迷惑になる

 あるあるかもしれないですが、基本的に飲食業未経験だと初見では慣れないことが多いです。

 代表的なのはインカムです。あのSPの人達がつけているトランシーバーみたいなやつですね。これをつけて人の指示を聴きながら業務をやったりするのですが耳が悪いと中々聞き取れず、大変です。

 さらにはベテランの人達にも迷惑をかけてしまう可能性があります。

 その他、ドリンクメニューの作り方や皿洗い、料理の置き方やオーダーの取り方など初めてだと戸惑うことが多いです。

 事前に、飲食業のアルバイトを経験している人たちから話を聞いておくとある程度対策することができますので、単発アルバイトに入る前にある程度勉強をしておくのがオススメです。

 

目まぐるしく状況が変化しますが中々ためになります

 いかがでしたでしょうか。単発アルバイトと言われると単純な作業が求められると言うイメージが強いですが、飲食業の場合一つ一つは単純でも臨機応変な対応が求められます。

 そのため、僕のような融通の効かない人にとっては苦労する仕事の内容になります。しかし、社会に出ると臨機応変に柔軟な対応をすることが求められる機会が増えます。

 そのような場面で対応できるようになるための前座として活用してもいいのではないかなと感じます。

 まかないも美味しいですからね(*゚∀゚*)


 本当におにぎり一つとってもすごいですよ。なんか口に入れた瞬間お寿司のように口の中で米がほどけたり本当に美味しいです。

 結婚式場の時の単発アルバイトの時は、和牛とアワビご馳走になったし文字通り美味しい思いができることもあります。

 ぜひ興味があったら挑戦してみてくださいね〜 ノシ

 

今日はそんな感じです。

 

以上で〜す。