you the world

自分の好きなことを書いていく、毒にも薬にもならないブログです。

一人暮らし1周年 実際にやってみて変わったこと

 こんにちは、勇気を振り絞って一人暮らしを始めてからとうとう一年が過ぎました。いや〜早かったですね、1年間が。最初はどうなるものかと思っていましたが皆様のご支援もあり、なんとか生活が行えてきています。人位暮らしをはじめ、最近は様々な変化がありました。この1年間色々とありましたので、ご紹介していきたいと思います。

 

 

実際にやってみた一人暮らしの感想

 今まで「お前なんか1人ではいきていけねぇー」なんてよく親に言われていたのですが、やってみると案外なんとかなりましたね。手取りが東京都の生活保護と同じくらいですが、なんとかなっていますね。「いや〜行政の制度っていうのはきちんと計算されているんだな〜(*゚∀゚*)」としみじみと感じるばかりです。しかし、僕の場合は多くの人の支援と様々な要因があるからできたことでしたのであまり参考にはならないかもしれませんが。

 そして一番感じたことは、やはり人との関係って大切だな〜と感じたことです。正直未開の地で1人で今の給料で仕事をしていたら生活はできなかったです。それと物事一つとっても色々と考えなけらばならないんだな〜と感じたことです。

 僕の悪い癖で何かやろうとするとまるでゲームのようにボタン一つで軽くできてしまうような感じで考えてしまうのですが、改めて物事に取り組んでいくにあたって様々な要因が複雑に絡み合っていることを再認識しました。

 

まあ、一言で言ってしまえば、物事を簡単に考え過ぎているということですね٩( ᐛ )و

 

 まあ、その他色々と変わったことがありますのでご紹介していきたいと思います。

 

少し不摂生になった。

 もう少しうまくやっていけるのかな〜なんて思っていたのですが、やはり食生活に乱れが生じてしまいましたw
 おかげさまで体重は運動をし始めた以前の体重に戻ってしまいましたORZ。やはり1人だとどうしても自分に甘くなってしまいますね。具体的には

  • つい衝動でラーメン屋に行ってしまう。
  • ついついコンビニの揚げ物とか買っちゃう。
  • なんとなく寒くて運動をサボってしまう。

などなど、ダメダメですね。なんとか自分に厳しくしていかないといけないですね。

 

知り合いの人によく会うようになった

 これは、人によりますが、僕は実家にいた時あまり外出をしていなかったので、買い物などで外出することでよく友達や、知り合いに会うようになりました。やはり、外でると知っている人に会うものなんですね。こんだけ知っている人に会うことが分かると外で変なことや、悪いことなんてできないですねw
 古文では「絆」を「ほだし」と読み束縛するという意味があるように、人とのつながりというのは時にて煩わしくなるものです。しかし、常に人の目があるという意識があるからお互い悪いことができないんだな〜と感じました。
 最近変な事件が多いのもこうした「地域の目」、「知っている人の目」というのが希薄になってきているのかな〜なんて感じますね。

 

多くの人に支えられているんだな〜と感じるようになった

 実際に、実家にいるときは人に支えられているという感覚はあまりありませんでした。しかし、一人暮らしを始めてそのことをよく考えるようになりました。家にある家電や家具を一つとっても

  • 冷蔵庫・コンロ:職場の上司から頂いた さらに運んでも頂いた。
  • 炊飯器:職場のトップの人から頂いた
  • テーブル:友達がくれた
  • 駐車場:事情を組んで不動産屋で勉強してくださった

 などなど、本当に多くの人にお世話になりました( ;∀;)。職場の人に関していえば出会って一年も経っていない時点でくださるなんて感謝感激です。おまけに突然開いた誕生日会にもわざわざ友達も来てくれるし、本当にみんなありがとうございます!

 

まとめ やって良かっと思うよ

 僕の場合は、結構束縛の強い家だったのでよく友達に勧められていたのですが(僕が決心つかないので、かれこれ6年)思い切ってやってみたところ、やって良かったかなと思います。まだまだ自分の給料だけだとギリギリの生活ですが、投資以外にもこのブログを軌道にのせて、支援してくれた人へ還元できるようにしていきたいです。

 

 そして1人になると、何かと色々とやりやすいのでぜひ家から中々出られないという人は行ってみてくださいね♪